備前おさふね刀剣の里備前長船刀剣博物館 (びぜんおさふねとうけんのさとびぜんおさふねとうけんはくぶつかん)

日本刀の聖地 職人が鋼を打つ姿は迫力!

  • 消毒
  • ソーシャルディスタンス
  • 換気
  • 検温
  • 飛沫防止

鎌倉時代より日本刀の産地として栄えた長船町にある全国でも珍しい備前刀を中心に刀剣を展示している博物館。敷地内には鍛刀場があり、日本刀の古式鍛錬、刀装製作、刀身への彫刻、研ぎなどの、さまざまな日本刀に関する製作工程を実際に見学する事ができます。月に1度、1200度の高熱で玉鋼(たまはがね)を打ち延ばす「古式鍛錬」の見学も可能で、海外の日本刀ファンも押し寄せるほど人気になっています。職人が力強く鋼を打ち、火花が飛び散る様子は迫力満点!“相槌を打つ”という言葉の語源となった作業です。

Movie

◎ 基本情報

住所 〒701-4271 岡山県瀬戸内市長船町長船966
電話番号 0869-66-7767
FAX番号 0869-66-7971
料金 一般500円、高大生300円、中学生以下無料
(企画内容により異なる場合あり)
団体(20名以上)一般400円、高大生250円
営業時間 9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
※コロナ時:事前予約制(1時間毎)
休業日 月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日、展示替え時
車いす入店
ベビーカー入店
洋式トイレ
車いす対応トイレ
アクセス 山陽自動車道山陽ICから車で約20分
JR長船駅からタクシーで約7分
駐車場 普通車20台、大型車4台
公式WEBサイトURL 瀬戸内市公式サイト
備考 ※ベビーカー、車いす貸出可

◎ マップを表示

◎ 近くでできる体験

◎ おすすめの近くの宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています